応急処置にアイシング

応急処置の中で最も重要で絶対に外せない要素がアイシングなのです。フィジールは応急処置として大事なRICE処置の 冷却(Ice)と圧迫(Compression)の役割を果たすことができます。

RICE処置とは
linup00.gif

"RICE処置"が応急処置として大きな効果を発揮します。 ケガの回復は適切な応急処置をを行えるかがカギです。 ケガの直後、損傷部位の修復の妨げとなる腫脹などを最小限に抑えるために"RICE処置"と呼ばれる応急処置を施すのが効果的です。

RICE処置の手順
linup00.gif

1. Rest(安静) 患部を動かさないようにし、運動を中止します。
2. Ice(冷却) 患部を冷やすことで熱を取りのぞき、毛細血管を収縮させ、内出血を抑えて、腫れを抑えます。
3. Compression(圧迫) 患部を圧迫することで内出血による、腫れを防ぐことが目的です。
4. Elevation(拳上) 患部を心臓より高く挙げ、血流量を抑えることにより腫脹の軽減を図ります。

※RICE処置は4つ全て行わなければならないというわけではありません。 それぞれが意味を持ち、炎症を最小限に止めたり、代謝レベルをさげるなど、効果を期待して実施しています。従って、「どれか1つが欠けたらやらない」のではなく、「できるものをする」というのが大事なのです。 例えばバス等の移動時でフィジールを巻いて座っていれば『安静・冷却・圧迫』はできるためこの3つだけでも効果的です。

スポーツで受傷したときの処置
linup00.gif
 スポーツでケガをしたとき、医師に診てもらうかの基準は人によって判断が分かれるところです。本当はどんなに小さなけがでも念のため、診てもらった ほうがいいのですが、現実にはそうもいきません。一般的には、痛みががまんできないほど激しいとか、1日たっても、腫れや痛みが引かない、どんどん腫れが 大きくなる、といったケースでは、ほとんどの人が病院に行く決心をすると思います。病院に行って治療を受け、薬をもらえば一安心。確かにそうです。
 しかし、実はそれ以前が大切なのです。けがをしてから病院へ行く決心をして、実際に診療を受けるまでには、かなりの時間が経過しているはずです。その間に何も しないで放っておくと、けがはじわじわと広がり、悪化の方向へと向かいます。一つのサインが「腫れ」です。腫れが大きくなるということは、実際に損傷を受 けていない細胞にまで広がっていることを意味しています。こうなると、確実に治るのは遅くなってしまいます。

応急処置が復帰を早める
linup00.gif
 スポーツ選手なら誰でも、一刻も早く練習や試合に復帰したいはずです。けがを1日でも、1時間でも早く治し、速やかに現場復帰するために重要なの が、けがをした直後の対応、もう少し長い目で見れば、病院へ行く以前の対応です。これが、いわゆる応急処置で、その善し悪しによって、けがの治り方と現場 復帰までの期間が大きく左右されると言っても過言ではありません。  そして、応急処置の中で最も重要で絶対に外せない要素がアイシングなのです。
 アイシングは、氷と若干の道具さえあれば時と場所を選ばず行うことができま すし、基本的な知識とテクニックを身につければ誰にでも簡単に実施することができます。一般的にプロスポーツ選手やトレーナーが行う際はなんとか氷を準備してアイシングしていることが多いです。
ice.gif

makikata.jpg

twitterもチェック>>> twitter.gif

makikata.jpg

ふぃじまさtwitter>>> twitter.gif

makikata.jpg